郵便はがき

圧着ハガキでの情報不足は補うことが可能

色見本

圧着ハガキを広告郵便として利用しようとする際、インターネットを利用する方法が効果的と考えてしまうことがあります。しかし、インターネットという広告媒体は公式ホームページやECサイトに紐づけが必要であり、広告宣伝費を支払いさまざまなサイトに広告バナーを設ける必要があります。ですが、圧着ハガキはインターネットと組み合わせることで以前よりも高い広告宣伝効果を得ることができます。
そもそも、圧着ハガキは剥離したくなるという消費者心理が働き開封率が高まります。さらに圧着ハガキ自体の印刷面積は制限があるものの、ホームページやECサイトにアクセスするQRコードを印刷し、残りの面にクーポンを印刷しておけば広告宣伝を行う面積を気にする必要もありません。そして作成は業者に依頼することができ、広告郵便に精通した業者だからこそ、さまざまな割引を受けることができます。そのため、少ない広告宣伝費用で最大限の宣伝効果を発揮することができ、売上アップにつなげられる可能性を高めてくれます。また、業者へはデザインと宛先のリストを送るだけと依頼業務自体の負荷も意外に少ないのが圧着ハガキのメリットとも言えます。手間暇をかけず、インターネットでは補えない部分を圧着ハガキでカバーしてしまいましょう。

高い宣伝効果の期待できる圧着ハガキのダイレクトメール

圧着ハガキのダイレクトメール作成を検討しているなら、専門業者に委託するとコスト削減が実現できる他、発送までの面倒な工程をよりスムーズに進めることができます。
またダイレクトメールは商品やサービスの宣伝を行うのが目的ですから、一回で大量に発送する必要がありますよね。そんな時にも作成は業者に依頼すると、宛名の印刷や広告郵便申請、郵便区番号ごとの区分け、そして発送とダイレクトメールそのものの作成以外のこともすべて代行してくれるので手間が省けます。
ではここで圧着ハガキのメリットを見てみましょう。まずは盛り込める情報量の多さがそのメリットに挙げられます。圧着ハガキは通常ハガキとサイズは同じでありながら、表面積が3倍にも4倍にもなります。ですから文字での情報がたくさん盛りできるのです。さらにはアイデア次第でクーポン券を付属したり、アンケートを実施するなども可能です。
現在、ダイレクトメールを使ったプロモーションを展開している企業様の中には、自社で作成しているところもあるかと思います。その作成を専門業者に委託して、手間とコストを省いてみませんか。
実績のある専門業者に委託すれば、高い宣伝効果が期待できるかと思います。

剥がすだけで簡単な圧着ハガキを使おう

広告郵便に最適な圧着ハガキを利用してみましょう。圧着ハガキとは、通常のハガキと同じように見えて、裏を見てみると剥がす場所が示されていて、そこから剥がして中を確認することができる便利なハガキです。中身を隠すことができるという点と、中のページを合わせると情報を2倍以上入れることができるという点で優れています。使い方は色々で、例えば中には明細や保険料、督促等人に見られては困る情報を入れれば、プライバシーや個人情報が守られるため安心です。広告として使うなら、例えば中に重要な情報が書いてある旨を裏面に記載しておけば、顧客は剥がしてみてみようかなという心理になります。作成は業者に依頼すれば、どのような使い方をすれば良いか提案してくれます。また、業者に依頼することで短期間で大量に作成してくれるので、すぐに知らせたい情報等がある場合に大変役立ちます。圧着ハガキは、剥がすという簡単な作業のみなので、届いても面倒だと感じる人は少ないようです。厚手のDMや大きな封筒で送られてくると、はさみで切ってあけたり、テープをはがしたり等の作業が必要になるので嫌う人がいますが、その点圧着ハガキは簡単で喜ばれます。圧着ハガキを出すなら業者に依頼して作成してもらいましょう。